CanonがEOS 6D Mark IIとKiss X7後継機を海外の認証機関に登録

CanonがEOS 6D Mark IIとKiss X7後継機を海外の認証機関に登録した模様です。

Canon Rumors等が伝えています。2台の一眼レフが登録されたらしく、いずれもWi-Fi及ぶブルートゥースを搭載。うち1台は日本・大分製で、うち1台は台湾製。さらにEF-S 35mm f/2.8 Macro IS STMと思われるマレーシア製のレンズも登録されています。これまでの流れを考えるとこれら3製品は恐らく2ヶ月以内に正式発表されるものと思われます。6D IIもKiss X7後継機も楽しみに待っているユーザーが多いはずなので、朗報ですね。