About  |  Guide  |  Privacy  |    |  Blog  |  あなたのカメラ見せてください!  |  ギャラリーCRJ  |  レビュワー登録
ID  PW   記憶


Follow Us on Facebook Follow Us on Twitter






Snow halation   (by mia)
hydrangea   (by toppopoporo)
繋がり   (by toppopoporo)
Gordes, Les Plus Beaux Villages   (by kin)
紅葉巡り   (by nekodaisuki)
ざる菊   (by iqura)
冬の予感   (by ManInside)
11月の羽田   (by mia)
希望と絶望   (by nekodaisuki)
幸せの構図   (by mascagni)
紅葉のマーブル   (by nekodaisuki)
浮遊   (by mascagni)
…ん?   (by kin)
美しき放出   (by nekodaisuki)
その瞳は一体何を写し出すのか   (by toppopoporo)





  mia  2010-12-16 14:33    mia photo gallery Gallery


Canon EOS 7D
購入価格 ¥139,800(本体のみ、2009年12月 新宿マップカメラ)

EOS-1D MK-IINの代替えで購入。MK-IVにしなかったのは秒10コマはいらないという判断。

これはEOS-1Dの秒8.5コマで旅客機を実験的に撮影したもの。130ノット(時速234km)で着陸進入してくる旅客機は毎秒65m、ほぼこの旅客機の長さ分進む。ご覧の通り6カット中まともに機体すべてがフレームに入っているのがたったの1カット、では連写速度が上がればどうかと言うと、秒8コマで一コマあたり8.125m、秒8.5コマで7.647m、秒10コマでも6.5mも進む、つまり秒10コマでも、機体がフレームに入っているのは2カットないかもしれないということ。思ったほどは大差ないのである。さすがに秒5コマだと13mも進むので、こういう撮り方では一枚もまともに撮れない可能性はぐんと高くなるけれど…。
もちろん高感度撮影時などは、もともとが速い上にそういう厳しい状況での使用が設計に織り込まれている1D高速系であればさほどの速度低下や連写枚数の低下もない。49万円と12万円の差は、まあそういうところに出ると言っちゃっていいんだろう。そこを天秤にかけても、やはりお値段1/4ってのは魅力だ。同じの4台いらないけど、広角用に5Dも買ってまだおつりで赤い線が入ったレンズが買える。

同時購入品はバッテリーグリップBG-E7、バッテリーパックLP-E6を1個追加。
主に航空機撮影に使用。
通常は記録画質RAWのみ、ISO感度拡張あり、評価測光、シャッタースピード優先AE、サーボAF、高速連写、ファインダーはグリッド表示、測距点選択は領域拡大AF、内蔵ストロボ発光禁止、他はおおむね初期設定のまま。超望遠を使用するため日没前1/250を切れなくなるあたりからは絞り優先AEに切り替え開放値で撮影。1/60が切れなくなるあたりから順次ISO感度を上げて行く。流し撮りをするためISO感度設定は自動にはしない。ISO6400 F5.6で1/15が切れなくなるあたりで、被写体に光が当たらなくなるので撮影終了。感度拡張ありにしていても使うことはほとんどなし。

鷲宮神社 2010.01.03 ISO3200 1/40 F3.5

BG-E7にフル充電のLP-E6を2個で使用して、RAW画像およそ2,000カット、約48GB撮影した場合、バッテリー消費は50~60%前後。撮影可能時間帯ほぼ一日これで事足りると思っていいだろう。BG-E7には単三電池アダプタも添付されているので、不安があるなら携行した方がいいかとは思うが、筆者の使い方では必要になったことがない。もっとも電池パック2本使い果たすほど撮ってたら、撮れなくて惜しいと思う以前に、正直もういいだろって気になるが…。

ところでBG-E7、縦位置グリップでもあり、縦位置用のレリーズボタンを備えているのだが、これがどうにも今ひとつ積極的に使う気になれない。理由は簡単で、単三電池アダプタを入れる関係上縦位置グリップ形状が大きく角張りすぎて、手の中で収まりが悪いことにある。縦位置で持つと1D系の方がコンパクトに思える。1D系で縦位置に構えた時はすっと自然にレリーズボタンに人差し指がかかるのだが、7Dでは「…レリーズボタンはどこだっけ?」と指先が一瞬探している感じになる。グリップの角に関節を合わせて持つと、そのツケが人差し指に来てしまうような感じか。レリーズボタンを人差し指が見つけてから、今度は手全体が動いて、重量のあるものを支えつつ、それぞれの指が収まりのいいところを見つけて何とか入ろうとする。そんな感じなのだ。気持ちよくスカッと決まるホールド感ではない。
お店の展示品だとBG-E7が付いていないケースが多いので、ここは要注意といったところ。

鞆 2010.06.01 ISO100 1/320 F7.1

一時ファインダー視野が100%ないのではないかと騒がれた時期があったが、製造誤差で100%を越えてしまう方がファインダーとしては致命的(ファインダーで見えているのに写っていない)だと思うのであまり気にしていない。どうしてもぴったり100%でなければならないなら、ライブビューという手段もちゃんと用意されている。三脚に据えて絞り込んで被写体とじっくりと向き合うなら、ライブビューでのチェックぐらいしてもいいはずだ。
それよりファインダーの四隅の見えの悪さが気になる。裸眼でアイカップにがっしり押し付けるぐらいでないと、ファインダーの四隅をチェックするという見方はしづらい。眼鏡だとどうしても空きができてしまうので、きちんと意識していないと四隅のチェックが甘くなりがち。眼鏡用の薄いアイカップがあれば手軽な改善方法になるのだが。

フォーカスの精度に関しては文句のないレベル。高解像度と相まって1D MK-IINと同じ20年近く前のヴィンテージものレンズを使ってもエッジの立ち方が際立っている。ブレなくきっちり決まればピクセル等倍で見た時に1km近く先を飛んでいる飛行機のパイロットの表情が読めるとか、300m上空のコクピットのオーバーヘッドコンソールで灯っているSDカード大の警告灯が見えるとか、もうお口あんぐりである。もちろん、AF測距点を狙った場所に正確に導けなかったり、僅かでもブレがあれば、それは問答無用で”失敗写真”が大写しになるということでもある。おかげで流し撮りのハードルが大きく上がってしまった。さらに窓際席で窓枠に顔突っ込んで外眺めるのはやめようと思った。自分のカメラで窓に顔寄せてる乗客を写せるということは、他人のカメラでも写っているということだ。

1D MK-IINでさんざんセンサのダストに悩まされたが、7Dでは購入からそろそろ1年、今だサービスセンターでのセンサクリーニングの必要を感じない。もちろんカメラ内部にどうしてもダストは入るし、何かの拍子でそれがセンサに付着することはあっても、多くの場合それは繊維くずで、カメラのセンサクリーニングで事足りてしまう。海水や油煙などのミストだけ気を使えば、1年ぐらいはサービスセンター持ち込みを考えなくてもいいだろう。ただしレンズ付けっぱなしの撮影途中でも、途中何度かクリーニングはかけた方がいい。特にカメラを上に向ける機会が多い航空ファンは要注意かと思う。頭上を航過する機体を撮ったところからセンサにダストが乗っていたということがあった。

ノイズリダクションについて言えば、A4プリント上ISO800ぐらいまでほとんど差を感じない。もちろんモニタでピクセル等倍にして見れば、ISO100と200とでも歴然とした差は出てしまうけれどもそれは仕方ない。それなりに光が回っていて、プリントもはがき程度であればISO6400でも十分行けると思う。高感度側についつい目が行きがちだけど、高感度側の画質に振りすぎると低感度側の画質に影響が出るものらしいから、まあこんなもんでいいんじゃないかと思う。光量0は何を掛け合わせても0なんだし。
高感度側は拡張でISO12800まで行けるが、さすがにここまで来ると"カラースクープ!イケメン○○と女優○○のお泊まりデートついに撮った!" wのレベルになってしまう。写真週刊誌は仕事しやすくなったろうな。

鷲宮神社 2010.01.01 ISO6400 1/20 F3.5

さいたま栗橋線 2010.01.01 ISO1600 1/8 F5.6

宇品 2010.06.02 ISO2000 1/16 F4.5

動画撮影は撮像素子の発熱により生じるノイズの抑制のため、一回の撮影上限12分まで。撮影中絞り羽根が動くとコマ落ちするので露出はマニュアルオンリーという制約がある。また、開放値が変わるズームレンズで開放で撮っている場合、ズーミングさせて開放値が変わるたびに一瞬映像の明るさが変化し、直後にISO感度が変更されるため、結局ズーム前後でISO感度の変更により画質が変化する。できれば開放値の変化しないズームレンズを選んだ方がいい。
撮影中のオートフォーカスは不可、マニュアルズーム・マニュアルフォーカスのみなのでズームリングとピントリングが円滑に回せるレンズを選ぶ必要があるし、ズーミングと同時にフォーカスを合わせていく場合、昔の直進式ズームみたいに、ズームリングもピントリングも一体というレンズは現行では存在しないから、腕3本以上ない限りカメラの保持手段を別途講じる必要がある。基本的に三脚に据えて撮るものと考えた方がいい。一眼レフで本格ハイビジョン動画撮影って簡単に言ってくれるが、意外にハードルが高い。
カタログでは動画撮影中の写真撮影も可能とうたっているが、シャッターボタンを押した場合動画撮影を中断して写真撮影し、写真撮影後自動的に即時動画撮影に復帰すると言う意味であることに注意。
結論を言うと、DSLRらしい被写界深度の浅い映像が欲しい場合にのみ使用し、基本はビデオカメラでの撮影、編集で交ぜ込んで仕上げるという手法の方がいいように思える。
CMOS機特有のローリングシャッター現象については、かなり改善されていて実用上問題ないと思う。
内蔵マイクは、無風ならば外部マイクの必要を感じないほど臨場感のあるクリアな音で拾ってくれる。動画撮影より、レンズにキャップして生録がしたくなるマイクを積んでいる。
…嫌味ではなく、褒めているのである。
撮影禁止と言われてカメラマンがおとなしくレンズキャップをしたと思って安心していると、放送で十分使える音声クオリティで発言をばっちり録音されていた。なんてことがあるかもしれない。…ま、そんな不用意な発言はいつかどこかで漏れるものだ。

APS-Cサイズセンサ搭載なので、焦点距離が1.6倍相当となり、28mmレンズで44.8mm相当と広角はかなり厳しい。広角を主体に使いたいなら5Dをお勧めする。
旅客機の撮影場所は中型機を100mm前後で真横から撮れるような場所が従来から好まれてきたので、APS-C機では同じ場所では60mmのレンズでないと収まり切らない。現状EF-S55-250mmがベターな選択となるが、大型機でもストレスなく使える35-200mmあたりで開放F4固定、ISモード2を搭載した良質なレンズのリリースを望みたいところ。
軍用機については、長ければ長いほどありがたいが、混雑するエアショー会場内での取り回しを考えるとEF100-400mmが現状でベストマッチと思われる。古いレンズなので逆光や照り返し、ランディングライトの写り込みなどで派手にフレアやゴーストが出るのは悩みどころではあるけれど、今や貴重な直進ズームは、カメラを安定させられるフード先端を持って前後させるだけで、直感的に構図を決めることができる。とっさの時にテレ側は右か左かを頭の中で変換しなくていいのは、時速600kmを相手にした時アドバンテージになる。

価格評価→★★★★☆(この一年の値下がりで-1)
総合評価→★★★★☆(縦位置でのホールドのし辛さ)


鷲宮神社 2010.01.03 ISO400 1/200 F7.1

特記ないものはEOS 7D EF28-135mmF3.5-5.6 IS USM

その他作例
- ナンチャッテ作例写真館 -
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=49
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=50
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=72
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=107
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=149
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=163
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=165
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=183
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=184
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=196
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=197
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=211
http://camera.reviewjapan.net/modules/myalbum/photo.php?lid=218
CBNANASHI.NET Parts gallery
http://cbnanashi.net/cycle/modules/myalbum/photo.php?lid=141
CAMERA REVIEW JAPAN各レビュー
http://camera.reviewjapan.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=118&forum=58#forumpost156
http://camera.reviewjapan.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=226&forum=58#forumpost273
http://camera.reviewjapan.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=288&forum=58#forumpost347
  ManInside  2011-11-18 23:40    ManInside photo gallery Gallery


Canon EOS 7D
購入価格 ¥124060(2011年6月 フジヤカメラ)

動物撮影にハマるうち、高速連写性能や優れたAF性能、見やすいファインダーに魅力を感じて購入。使用半年弱ではあるがファーストレビューしてみたい。

実は、購入当初はISO800時の粒子状のノイズが気になり、自分向きではないように思うこともあった。5D mark IIの画質に慣れていると、下のような写真には違和感を覚える。この写真は特に気温35度にもなる真夏に撮ったものなので、センサーの発熱も影響(?)していたのかもしれないが、正直かなりびっくりした。


ISO800 F7.1 1/640, SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

調べてみると、この「7D的ノイズ」については色々とネガティブな意見が存在するようだ。私も、上で述べたように最初は違和感を持ったし、ひょっとしてヘンなロットに当たったんじゃないか、と疑ったこともあった。とはいえ、石の上にも半年。使い込んでいくうち、「7D的ノイズ」が写真全体の雰囲気を壊すように作用することは、少なくとも自分の使い方では稀であることがわかってきた。現在では、この「7D的ノイズ」は結構好きになった。たとえば下のシロオリックスの写真などはとても気に入っている。


ISO800 F7.1 1/320 SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

一見してすぐ「これは7Dで撮った写真だな」とわかるというのは、何気にすごいことだと思う。それはカメラに個性があるということで、絵作りに思想があるということを意味する。勿論、この「7D的な絵」が嫌いな人がいても不思議ではない。私は、最終的に7Dの絵は好きになった(とはいえ、同じキヤノンのEOSシリーズで画の傾向に大きい違いがあると、戸惑うユーザーが出てくるのは理解できる)。

ところで、ISO800で既にざらついた感じの絵になるからといって、ISO1600やISO3200でざらつきが倍々に増加していくわけでもないようだ。ISO3200でも、条件によっては十分に使えることが多い。ただし、lin_gon氏によるPENTAX K-5レビューを拝読していると、高感度性能は最近の機種(というかPENTAX K-5)には負けるようだ。


ISO3200 F7.1 1/2500 SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

ISO12800では色差ノイズが目立ち、緊急用の領域は出ないように思われる。


ISO12800 F6.3 1/25 -0.33DV SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

動物撮影時の使用設定は私の場合、記録画質はRAW、低速連続撮影・高速連続撮影のいずれか(高速連続撮影モードはシャッターボタンをすぐ離さないと撮れすぎてしまうため、低速モードもよく使う)。絞り優先AE、評価測光、AFフレームは領域拡大AFまたは一点AF、AFモードはONE SHOT AF。AIサーボは予想のつかない動きをする動物を相手に使用する場合、むしろ使いづらいことが多い(ただし等速移動する水鳥や航空機の場合などはやはり便利)。また、動物の目にピントを合わせたい場合、モードはONE SHOTのほうが便利のように思う。ボタンはカスタマイズしており、AF-ONボタンに「測光・AF開始」を割り当て、シャッター半押しボタンに「測光開始」を割り当てるいわゆる「親指AF」設定にしてある(但しAF-ONボタンから指を離さず初期の露出で撮りきることも多い)。ファインダーはグリッド表示。ファインダーの見やすさは素晴らしい。が、mia氏のレビューでも指摘されているように、四隅が若干見づらい感じはある。

バッテリーはLP-E6で、5D mark IIと共通なのがありがたい。60Dとも共通なのでやはり助かる人は多いだろう。バッテリーの持ちも良く一日1000枚取ってもなくならない。

ところで私は5D mark IIで嫌というほどセンサーダスト問題に直面したが、7Dでは半年弱のあいだ一度もダストに苦しんでいない。センサーサイズが違うとゴミの付着率が違うのか、ダストクリーニング機構が改良されたのか、理屈は不明だが、この点は明らかに改善されていると感じる。同じメーカーのカメラとは思えないほどだ。

グリップ部は5D mark IIと非常に似ているが、7Dのほうがやや大きい。個人的にいちばん握りやすいのが5D mark II、次に7D。ちなみに店頭で60Dを触ってみたら自分の手には持ちづらく感じた。好みの問題があるので60Dと迷っている人はお店で実際に触ってみたほうが良いと思う。特に重い望遠ズームでの手持ち撮影を考えている人は、グリップとの相性が悪いと手のマメがひどくなると思うので注意。

シャッター音は「パコパコパコパコ…」という乾いた音。ユーザーの意見を吸い上げてこういう音にチューニングしたらしいが、個人的にはあまり色気のない音だと思う。しかしこのカメラに色気は求めていないので別に問題はない。

本体重量は820gと、5D mark IIより10g重いが、SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMのような重量級のズームレンズで使用する場合、300g以下の違いはほとんど誤差の範囲内w もう慣れた。

とにかく動きモノを撮る上での操作性がつきつめられていると感じる。AFフレームの選択、ISO変更、露出補正といった基本的なことがファインダーから目を離さずに行えるのがありがたい。現場でのユーザーのことをわかっているなという感じだ(このあたりオリンパスと対照的)。これでAFモード・ドライブモードもファインダーを覗いたまま変更確認ができたらと思うのは望みすぎか。メニューも5D mark IIやKiss X4などの他のEOSシリーズとほぼ同じで迷わない。各種ボタンも指がスッと伸びたところに配置されているのが素晴らしい。

動物や航空機、運動会やモータースポーツ等、動態撮影用のAPS-Cカメラを考えている人にとっては、一つの基準、ベンチマークとなるカメラではないかと思う。それは7Dと同じくらい良いカメラか。7Dよりも良いのか。7Dより劣るのか。そのような語られ方をするに値する名機であるのは間違いないだろう。

価格評価→★★★★☆ 最近10万を切っているのがすごい
総合評価→★★★★☆


▼ Canon EOS 7D を探す ▼

amazon.co.jp で検索する

楽天で検索する


▲ページトップへ







新着レビュー
(最近の70件)

Leica M Monochrom  (レンジファインダーカメラ(デジタル))  2016-3-22 0:34  toppopoporo
カメラあるある  (JOKE)  2016-2-23 21:53  toppopoporo
SONY α7  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2015-11-26 13:16  kin
Nikon Ai Nikkor 20mm f3.5  (広角レンズ)  2015-9-14 9:55  salgadou
Nikon ぎょぎょっと魚眼20ミリf8  (魚眼レンズ)  2015-8-15 10:09  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 28mm F3.5  (広角レンズ)  2015-8-15 9:32  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4  (標準レンズ)  2015-7-29 18:15  salgadou
Apple Lightning - USBカメラアダプタ (MD821ZM/A)  (カードリーダー)  2015-6-9 1:32  telgraph
Nikon Ai Nikkor 50mm F1.8S  (標準レンズ)  2015-2-21 20:29  telgraph
SONY 100mm F2.8 Macro SAL100M28  (マクロレンズ)  2015-2-21 18:47  MK2
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM  (ズームレンズ)  2015-2-14 21:52  MK2
雪レフ  (レフ板)  2015-2-11 4:01  mia
東京シャッターガール 桐木憲一(ニチブンコミックス)  (書籍・DVD)  2014-12-19 12:29  mascagni
JetGlide2 Ver.2 速写ストラップ  (ネックストラップ)  2014-11-27 13:54  mctorch
FUJIFILM X-T1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-24 5:57  mk-2
OLYMPUS OM-D E-M5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-22 8:50  salgadou
カメラ貼り替え革専科 Aki-Asahi.com  (貼り皮)  2014-7-8 20:41  mascagni
(株)沼津カラー  (ショップ・メーカー・代理店)  2014-6-20 23:29  toppopoporo
SONY DSC-RX100  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-18 3:08  nekodaisuki
SONY Cyber-shot DSC-WX300  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-16 18:40  nekodaisuki
[被写体] ダチョウ  (名所名物・被写体)  2014-6-2 23:36  ManInside
NOVOFLEX (ノボフレックス) EOS/NIK  (レンズマウントアダプタ)  2014-6-2 2:37  telgraph
Tamron SP AF Di 90mm 1:2.8 macro  (マクロレンズ)  2014-5-8 11:41  kin
OLYMPUS STYLUS 1  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-4-27 20:09  mascagni
SONY Vario-Tessar 24-70ミリf4  (ズームレンズ)  2014-4-23 21:43  salgadou
無印 タムロン アダプトール2 アダプター  (レンズマウントアダプタ)  2014-4-10 21:43  nekodaisuki
Canon EF70-200mm F2.8 L IS II USM  (ズームレンズ)  2014-3-12 23:45  mia
よしみカメラ 忍者レフ  (レフ板)  2014-3-6 22:13  mia
OLYMPUS OM-D E-M1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-2-15 14:05  mascagni
CANON PowerShot S200  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-2-11 16:55  salgadou
SONY DSC-RX100M2  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-1-1 9:55  mascagni
SONY FDA-EV1MK  (ビューファインダー)  2014-1-1 9:42  mascagni
Nikkor Ai 50mm f2  (標準レンズ)  2013-12-31 10:57  salgadou
Voigtländer COLOR-SKOPAR X 50mm f2.8  (標準レンズ)  2013-12-29 12:01  negapoji
[2013-12-19] CRJ 第4回ベスト・レビュワー賞発表!  (イベント)  2013-12-19 23:21  admin
Adobe Photoshop Lightroom 5  (RAW現像・画像加工ソフトウェア)  2013-12-17 4:33  kin
[2013-12-09] CRJ 第8回フォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-12-9 16:58  admin
Sony E 10-18mm F4 OSS SEL1018  (ズームレンズ)  2013-11-14 18:04  kin
FUJINON LENS XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS  (ズームレンズ)  2013-11-11 18:30  ManInside
SONY HVL-F58AM  (フラッシュ)  2013-10-29 15:36  kin
OLYMPUS PEN E-P5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-10-28 23:00  toppopoporo
[名物] 純手打ちそば 一茶宮代  (名所名物・被写体)  2013-10-20 20:52  ManInside
岩合光昭 ネコライオン  (写真集)  2013-10-2 15:56  ManInside
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  (望遠レンズ)  2013-9-25 11:19  salgadou
FUJIFILM X-E1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-21 20:13  ManInside
[被写体] オオアリクイ  (名所名物・被写体)  2013-9-19 15:00  ManInside
アンドレアス・グルスキー展  (写真展)  2013-9-16 21:07  ume3126
SIGMA 60mm F2.8 DN  (望遠レンズ)  2013-9-15 10:21  salgadou
SIGMA 30mm F2.8 EX DN  (標準レンズ)  2013-9-14 0:15  salgadou
FUJINON LENS XF35mmF1.4 R  (標準レンズ)  2013-9-7 22:04  ManInside
Nikon D600  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-7 11:45  toppopoporo
オルビィス(株) コルキット スピカ  (天体望遠鏡)  2013-9-3 0:59  nekodaisuki
Fujifilm F820 EXR  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-30 2:35  lin_gon
Timing Remote Switch TC-2001  (レリーズ)  2013-8-26 22:08  nekodaisuki
Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4  (標準レンズ)  2013-8-25 23:42  lin_gon
[お知らせ] CRJフォトコンテストを開催します  (お知らせ)  2013-8-24 22:57  admin
LAWSON 写真プリントサービス  (その他)  2013-8-16 17:32  nekodaisuki
Steinheil Munchen Cassarit,QUINON&STAEBEL-LINEOGON  (標準レンズ)  2013-8-15 15:39  negapoji
Panasonic LUMIX DMC-LF1  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-15 10:08  mascagni
[2013-08-04] CRJ 第7回ナンチャッテフォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-8-4 22:38  admin
SMC PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited  (広角レンズ)  2013-8-4 21:24  ManInside
SIGMA 19mm F2.8 DN  (広角レンズ)  2013-8-3 23:26  ManInside
TAMRON SP AF200-500mmF/5-6.3 Di LD [IF]  (ズームレンズ)  2013-7-31 22:33  nekodaisuki
OLYMPUS STYLUS XZ-10  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-31 16:25  lin_gon
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO (A001)  (ズームレンズ)  2013-7-31 3:04  nekodaisuki
SIGMA DP3 Merrill  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-29 22:11  ManInside
[お知らせ] 機材レビュー用テンプレートを作成しました  (お知らせ)  2013-7-29 16:03  admin
[お知らせ] フォトギャラリーの名称と利用方法を変更しました  (お知らせ)  2013-7-29 15:31  admin
Canon EOS 60D  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-7-28 21:47  iqura
TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1  (マクロレンズ)  2013-7-28 3:12  nekodaisuki

© 2013 Camera Review Japan
All right reserved. Posts and photos are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.