About  |  Guide  |  Privacy  |    |  Blog  |  あなたのカメラ見せてください!  |  ギャラリーCRJ  |  レビュワー登録
ID  PW   記憶


Follow Us on Facebook Follow Us on Twitter






Snow halation   (by mia)
hydrangea   (by toppopoporo)
繋がり   (by toppopoporo)
Gordes, Les Plus Beaux Villages   (by kin)
紅葉巡り   (by nekodaisuki)
ざる菊   (by iqura)
冬の予感   (by ManInside)
11月の羽田   (by mia)
希望と絶望   (by nekodaisuki)
幸せの構図   (by mascagni)
紅葉のマーブル   (by nekodaisuki)
浮遊   (by mascagni)
…ん?   (by kin)
美しき放出   (by nekodaisuki)
その瞳は一体何を写し出すのか   (by toppopoporo)





  ManInside  2011-2-19 20:27    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥店頭での試用

XZ-1をお店でじっくり触ってみました。CRJでは、買ったことのある製品でなくとも、実際に使用したことのある製品についてならレビューが可能なので、インターフェース部分等、画像以外に関する点のみレビューしてみます。

1. インターフェース

ちょっとわかりづらい作りで、たとえばマクロ撮影モードを探すのに苦労しました。もう少し直感的なI/Fにしてほしいと思いました。あと、動作がもさっとしています。CPUが貧弱なのか、メモリが足らないのか、メニュー操作中に画面が固まったり、アートフィルターの選択画面が出るまで時間がかかったり、画面が無反応になることがありました。フォーカスが効かない状態になったことも。電源再投入で復帰しましたが、ファームウェアは完成度があまり高くないのでは(ただ、私が店頭でいじってみた個体が初期不良の可能性も否めません)。いろいろ改善の余地がありそうでした。

2. ズーミング

これものんびりウニョ〜・・・と伸びます。RICOH CX3やCX4の動作に慣れていると少しストレスかも。

逆に言うと、出力される絵が噂通りすごいものなら、これらの弱点を丁寧に潰していけば非常に良いカメラになるのではと思いました。インターフェースについてはある程度ファームウェアのアップデートで対応が可能でしょうし、期待したいところ。ホワイトカラーの機体は質感も非常に良く、レンズ回りの絞りリングも好み。大問題とされた「F1.8」や「HD」というロゴも、個人的には気になりません(Samsung TL500 (もしくはEX1)のボディにもF1.8というロゴがあるので、海外市場を意識しているのでは)。

持った感じは、カタログ数値以上に軽量に感じました。

画質については、先に述べたように、PCに取り込んで眺めたわけではないのでちゃんとした評価は一切しませんが、少なくともマクロモードはかなりきれいに撮れる感じがしました。

5万円は高いので、すぐには買いませんが、安くなったら、あるいは欠点が改善されたXZ-2になったら購入を検討したいと思います。

総合評価→★★★☆☆ インターフェースのみの評価
  ManInside  2011-6-4 17:53    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥諸事情により4万円台後半(汗)



作例も上げずにレビューとな!? などと言われそうですが、まあお許しを。
出力以外の部分をメインにレビューしたいと思います。

ところで↑ではお店でいじった時の使用感をレビューしたわけですが、実際に購入して使ってみると全然違う印象でした。使用前にファームウェアを最新のv1.2にしておいたせいかどうかはわかりませんが、メニュー移動時の動作もそれほどもっさりという感じはなく、ズーミングも遅いとは思いません。店頭展示機はいじられまくって故障寸前だったのかもしれません。

以下、いくつかの点について初期の感想です。

■■■キャップについて■■■

プラスチックのレンズキャップが付属していて、キャップとストラップとを細い紐で結ぶようになっています。スイッチONでレンズがウニョ〜と伸びるのですが、それに合わせてこのキャップがポロッと「落下する」(爆)仕組みになっています。いや〜とても21世紀のデジタル製品とは思えないローテクな仕組みですが、私はこういうの嫌いじゃないです。これはコスト的な問題でこうなったのか、設計の人がこのほうが味があると思ったのでこうしたのか、興味があります。

ただ、このポロッと落ちるキャップ、味があるからといって使いやすいかというとそうでもなく、たまにレンズがウニョ〜と伸びても先端にひっかかったまま落ちてこない時もあるし(汗)、撮影時もぶらんぶらんしていて意外に邪魔だったりします。使いやすさという点ではサードパーティーから出ている自動開閉キャップのほうが上ではないでしょうか(いずれ試してみる予定です)。

■■■充電について■■■ 

バッテリーを取り出して充電することができないのはちょっと不便だと思いました(予備バッテリも買ったので)。カメラと充電器を、またはパソコンなどとUSBケーブルで接続して充電します。バッテリ単体で充電できるようにしてほしいところ。

■■■マクロモードの選択について■■■

お花のマークを押すとマクロモードになるだろうという思い込みがあるので、AFフォーカスポイント選択画面が出てくると戸惑います。「お花マーク→INFOボタン→マクロモード選択」または「OK→AFから選択」という流れですが、AFフォーカスポイントよりも使用頻度が多いので(自分的には)ワンタッチでアクセスできればと思います。

■■■縦位置の記録と表示について■■■

画像の縦横方向検出は「ON」にしていますが、たまに縦写真が横に記録・表示されることがあります。原因はよくわかりません。ただ縦横記録がないより断然いいのでありがたいです。それと縦写真の表示は、選択の余地なく縦(横ディスプレイに縦)。私は、縦方向に撮影した写真でもカメラ液晶では横画面で大きく見たいので、選べるようにしてほしかった。ただし、絞りリングを回転させると、縦写真も横に表示されるので、まあ良いかと。ちなみにカメラ上で縦画像を「回転」操作で横に回転表示させると当然EXIFに記録されるので、パソコン上でも横になってしまいます。

この点、キヤノンのカメラなどではPCでのみ縦表示する、などのメニューがあり、便利なので参考にしてほしいところです。

■■■AEロック■■■

単体のAEロックボタンはなく、シャッター半押しでフォーカスと露出が決定されます。露出補正やマニュアル補正で代用できますが、このカメラを買うような人はたぶんAEロックがあって当然だと思っているのではないでしょうか。

■■■形状■■■

グリップがないと確かに持ちづらいと思いますが、とりあえずVF-2を装着しているとそれほど気になりません。でもそのうちグリップは買うつもりです。

で、肝心の画質はどうかというと・・・詳細は後日レビューしたいと思いますが、オリンパスのマイクロフォーサーズで実現可能な画質をかなりのレベルでカバーできていると思います。というか局面によってはE-P2 + 標準ズームを超えているのではないかと思うこともあります。

コンパクトカメラにしては大きめですが、マイクロフォーサーズよりもずっと小さいわけで、サイクリングや登山などで荷物を減らしたい時など、選択肢が広がった感じがしています。

価格評価→★★★★☆ デフレなのでやや高価に感じるものの本来このくらいするもののような気もします
総合評価→★★★★☆ インターフェースは改善の余地あり でも総合的な満足度は高いです
  ManInside  2011-6-4 19:29    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥4万円台後半

まだまだこのカメラのポテンシャルを引き出せてはいないのですが、なんちゃって作例をいくつか。なお全て仕上がりモードはNaturalで、ホワイトバランスはAUTO、RAWで撮影しています。

左下の花はスーパーマクロモードで撮影したものです。かなり寄れます。右下は逆光ですがフレアはあまり出ていないと思います。


ISO100 F2.5 1/250, F5 1/13 +1.7EV

次は解像をちょっと見てみたいと思います。
デヤァァァァッ!! 秘蔵(※)の電柱三部作だッ!!(※ていうかさっき撮った)


ISO100 F5.6 1/500, F5.6 1/200, F5.6 1/2000 -2EV

黒潰れも感じられず、十分にシャープだけれどオリンパスならではの柔らかさもあると思います。コンパクトカメラはあんまり絞りすぎても意味がないと聞いていますし、センサーも小さいので風景的なものを撮る場合でもF値はほどほどで良いような気もします。

いや〜、これいいんじゃないでしょうか。サイクリング時などに活躍しているE-P2 + 14-42mm等の立場がちょっと危うくなってきました。やっぱりレンズがすごく良いのでしょうか。正直これくらい映るとは思っていなかったのでびっくりしています。

価格評価→★★★★☆
総合評価→★★★★☆
  nekodaisuki  2011-6-4 20:48    nekodaisuki photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥40,200

価格.comを眺めていて、安売り店の在庫がなくなったら、過去の値動きから見てまた2千円くらい値上がりしそうなので、購入を決めました。
まだあまり使っていませんが、ファーストインプレションということで、書いてみたいと思います。
比較対象は現在メインで使っているPanasonicのDMC-LX3です。

<ストラップ>
店の方で、さんざんいじりまくっていたので、実物を手にしての感慨みたいのはありません。
落とすといけないので、さっそく付属の両吊りのストラップを付けました。
ストラップの形状はLX3のものとほぼ同じで、同じとこで作られていると思われます。
LX3はLUMIXのシルバーの型押し文字が左右両側に入っていますが、XZ-1はOLYMPUSの型押しのみで、色は入っていません。
色が入っていた方がいいような気もしますが、これはこれでシンプルでいいかも知れません。
ただ、このストラップ、裏側が、LX3では合皮の裏革風であるのに対して、ZX-1では起毛素材になっています。
この起毛がくせもので、首にかけると服との摩擦が大きくすべりにくくなっており、ちょっと使いにくいです。
素材的にはLX3の方が良かったと思います。
あと、このストラップ、バッグに放り込んでおくと、付け根の細い部分がねじれてらせん状にくるくる巻きになってしまうのですが、
これはXZ-1でも同様でした。
ここは、ねじれにくいようにもう少し硬い素材を使うなどして欲しいところです。

<サイズなど>
見た目はLX3の方がコンパクトに見えます。
カタログ上の寸法はLX3:108.7x59.5x27.1 (レンズ、キャップ込みで約50、キャップなしで約45)mmでXZ-1:110.6x64.8x42.3(キャップなし、
ありだと約44) mmです。
幅の差はパッと見わかりませんが、高さの差は歴然なので、正面から見るとレンズ部の大きさも相まってXZ-1はLX3比1.2倍くらいに見えます。
意外だったのはレンズ込みの厚みで、XZ-1の方が薄いです。これは持ち運び時のアドバンテージになるかも知れません。
ボディ最厚部の厚みを計ったところ、両機とも27mm程度で、大きな違いはありませんが、軍艦部の段差を生かしたデザイン処理とサイドに行くに従い
薄くなる形状により、ボディ本体はXZ-1の方がずっと薄く見えます。
また、このサイドに行くに従い薄くなる形状により、カメラを縦に吊り下げるように持つと滑り落ちそうです。ここは、グリップのあるLX3がありがたく感じます。

<仕上げなど>
ヘアライン仕上げの軍艦部や、ローレット加工されたコントロールリング、梨地仕上げのボディなど、高級感を演出した外観で、これに比べると
LX3はちょっと安っぽく見えます。ただ、よく見ると、ディスプレイ側の筐体の色艶はレンズ側と微妙に違っており、レンズ側が金属の筐体であるのに対して、ディスプレイ側がプラスチックであるのがわかります。生産性とコストを考えれば、当然の選択と思えますが、LX3はディスプレイ側も金属なので、OLYMPUSもやろうと思えばできたとは思います。まぁ、フジのX100じゃないので、ユーザーとしてはそこまでは求めませんが。
あと、実際のレンズの大きさは両機ともそれほどの違いはないと思いますが、XZ-1は鏡胴を太めに作ってあるので、レンズが立派に見えます。
オリンパスのこの辺の演出は本当にうまいです。
ただ、このレンズ、コンデジとしては大きいだけに、指紋を付けたり、キズを付けたりしそうでコワいです。
鏡胴の太さを生かして、フィルターを付けられるようにネジを切ってあるといいんですけどね、無理でしょうか?

<ディスプレイ>
XZ-1のひとつの売りであろう、61万画素の有機ELですが、これだけ見る分には、特に不満は出ないと思いますが、
LX3の46万画素の液晶と見比べると、明らかにLX3の方が精細感が上です。
あと、この有機EL、発色が昭和30年代のカラー印刷みたいな古臭さをちょっと感じます。
ここは素直に液晶を付けてればと思います。もし、XZ-2で液晶に戻るようなことがあれば、ちょっと悔しいですね。

<充電器>
XZ-1のいちばんの問題点はこれではないでしょうか。
いわゆる充電器は付属しません。パソコン等から本体につないで充電するUSBケーブルとAC-USBアダプタが付いているだけです。
ケーブルを使ってパソコンから充電してみましたが、XZ-1の端子のドアの精度がいまいちで、ドアの蝶番もプラスチックでできているだけなので、
そのうち壊しそうでコワいです。
端子のドアといえば、LX3は家電メーカーらしくかっちりと出来ていて、最初使ったときは感激したものです。
蝶番もちゃんとバネが入っていて軽い力で開け閉めできます(これは下位モデルのFX35でも同様です)。
本当になんで、こんな風にしたのか理解できません。素直に充電器を付けておけば、純正の充電池ももっと売れるのではないでしょうか。
仕方ないので、自分は互換性があると言われているリコーのBJ-10という充電器をamazonに注文しました(オリンパスの純正品より安いです)。
予備の充電池もヤフオクでオリンパスの純正品を入手しようと思ってます。

<生産国>
ちなみにXZ-1は中国製で、LX-3は日本製です。正直言って、XZ-1の底面にMADE IN CHINAの文字を見たときはちょっとガクッと来ました。
コストが合えば、高級コンデジと言えど中国で作る。今はそんな時代なのですね。
あと、このMADE IN CHINAの文字があるシリアルNo.のラベルは今どき珍しく紙製です。あなカメの撮影で底にキズをつけないよう
ビニールテープを貼りましたが、あとでテープを剥がしたところ、ラベルもテープにくっついてきて気付きました
(一部剥離したラベルは薄めた木工ボンドでわからないように修正しました)。
こんなとこにもコスト意識がうかがえます。

ファーストインプレッションはこんなとこでしょうか。
枚数を撮りましたら、後日改めてインプレしたいと思います

価格評価→★★★★☆(いらないAC-USBアダプタを買わされるのはいかがなものか)
総合評価→★★★★★(今のとこ、持つ喜びは大きい)


  ManInside  2011-6-10 21:24    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥47,000くらい

追加レビューしてみます。

夜景モードを試してみました。露出とホワイトバランスが最適化され、彩度とシャープネスが持ち上げられるのだと思いますが、なかなか雰囲気のある絵づくりになっていると思います(ノイズリダクションもかけられるようですがこの写真はISO100なのでほとんど効いていないと思います)。


ISO100 F2 1/6

下は人気のアートフィルター「ドラマチックトーン」で撮影。まるでこの世の終わりみたいな雰囲気ですが、使ってみると楽しいです(こればっかり使っていると飽きちゃうけど)。ちなみにドラマチックトーンの時はISOも露出も操作できずに戸惑いました。恐らく露出は完全にカメラ任せにする必要があるのでしょう。雲を撮るとすごいものがあります。ちょっと差し色っぽく赤系の被写体が入ると飽和度が上がってこの世の終わり度が高くなってきます。


ISO100 F5 1/800, F5 1/1000

アートフィルターもおもしろいですが、私にとってのXZ-1の魅力はやっぱり、直球勝負のスナップやポートレートを撮ってもかなり満足度の高い画が得られることです。昨今のコンパクトデジタルカメラは「コンデジ」などと略され、行儀の悪い人だと「コンデジw」などと「w」を付加して蔑視することもあるようですが、このカメラは上手に使えばまじめな作品制作にも使える完成度の高い製品ではないでしょうか。少なくとも私はこのカメラを「コンデジw」とは呼べません。むしろ「『コンデジ』だと・・・?」などと戸惑ってみたい。


ISO100 F4 1/2000 -1EV, F6.3 1/800 -0.7EV

操作性に関しては歯痒いところもあるものの、このカメラが出力する画はかなり好みです。十分にシャープですが、デジタル補完処理による安っぽさが少ないような気がします。レンズありきで開発されたカメラのようですが、その点は納得できます。焦点距離や被写体にもよりますが、E-P2よりいいんじゃないか、と思えることが結構あります。

ただ、絞り込んで遠景の構造物や風景を精緻に写すより、近距離〜中距離の被写体を大きめに写したほうが本領を発揮するような気はします。

価格評価→★★★★☆ 
総合評価→★★★★☆ 
  ManInside  2011-7-4 22:40    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥47,000くらい

これは本当に素晴らしいカメラではないかと思う。

その後だいぶいじり倒し、使い倒しているが、操作系も慣れてしまえば特にストレスは感じない。個人的にはグリップがなくても特に持ちづらいと思うこともない(これは個人差が大きいと思う)。どちらかというと評判の良くない(?)有機EL液晶も、私には美しく見える(これは私がE-P2ユーザーだからで、「おおっ61万画素ってこんなに綺麗なの!?」というレベルで喜んでいるからである(汗))。デザインも飽きがこなくて良い。絞りリングとヘアライン仕上げの軍艦部は特に好きだ。

ちょっと心配なのがレンズキャップ。自動でパコンと落ちるフタの裏に無数のかすり傷みたいなものがある。これはレンズが繰り出す時についた傷だろうか。レンズの筒部分でついた傷ならいいが、レンズ自体がぶつかっていないかと心配になる(たまにフタが落ちてくれずレンズ先端にひっかかっていることもあるし)。レンズに傷が付いているようには見えないので大丈夫だとは思うが。

XZ-1の解像感・絵作りには本当に満足している。勿論、レンズもすごいのだろう。しかし、オリンパス社におけるソフトウェア的な画像処理技術もかなり向上しているのではないか? そんなわけで、XZ-1の出力に感動した私は、「E-P2とそんなに違わないんだったら要らないかな・・・」とちょっとだけ購入を躊躇していたE-P3を買うことに決めたのだった。E-P3がXZ-1より劣っているということははないはずだ。また、E-P3と同時に12mm F2の単焦点レンズも発売される。XZ-1の描写に感じたキレや解像感、パリッとした歯ごたえとコクとうまみとまろやかさとスッキリした後味と胃もたれのなさ、ローファットかつハイカロリーでミネラルとビタミンたっぷりの画像をマイクロフォーサーズでも味わえたら、それはすごいことではないか。

と、脱線してしまったが、一点、ガッカリしたことがあったので書いておきたい。私のXZ-1がセンサーダストにやられてしまったのだ。XZ-1ではほとんど絞りこまないので最初は気付かなかったが、F5.6くらいから目立つかなり大きなダストが現れた。下の写真はF8で撮影したもの。かなり大きいダストであることがわかるだろう。



オリンパスのフォーサーズ・マイクロフォーサーズに搭載されているSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)というダストリダクション機構は相当優秀なのか、私はE-P1やE-P2でセンサーダストを経験したことが全くないが、さすがのSSWFも搭載されていなければ機能できない。レンズ固定式のXZ-1にはSSWFは搭載されていない。それが意味しているのは、一度センサーの上にゴミが乗ったら、自分では決して取れないということである。

そんなわけでXZ-1をサービスセンターに送って修理してもらった。当然保証期間内なので無料。期間は大体10日間くらいだったろうか。

私の場合、Canon EOS 5D mark IIでセンサーダスト問題を嫌というほど味わっていたので(新品購入時に既にセンサーにダストが付着、PhotoshopやDPPでダストを消したり、カメラのダストデリートデータを使ったり、何度かカメラをサービスセンターに出したりした)、またか、とちょっとガッカリした程度だったが、もし画質の良さに期待してXZ-1を最初のコンデジとして買った人などは、このダストを見たら相当ガッカリしてしまうのではないだろうか。しかも自分でクリーニングできるものでもないので、旅先でこんな症状に見舞われでもしたらショックで立ち直れないだろう。

工業製品に不良はつきものだが、だからといって「工業製品に不良はつきものだ」と開き直っていいわけではない。いや別にオリンパスのサービスセンターがそんなふうに開き直ったわけではないのだが(汗)、レンズ固定式コンデジのセンサーにゴミがのっかるというのはあってはならないことだろう。

と、ちょっとしたトラブルはあったもののやはりすごくいいカメラであることに変わりはない。

価格評価→★★★★☆ 
総合評価→★★★★☆ あとnekodaisukiさんも指摘されているようにこの充電方法はやっぱり勘弁してほしい
  ManInside  2011-11-7 23:00    ManInside photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥47,000くらい

愛用しているXZ-1の追加レビュー。

まず最初に苦言を呈したい。

上のレビューで取り上げたセンサーダスト問題が再発した。前回よりさらに大きい黒い影がF4.5ではっきり見えるようになった。



最初は黒いシミ状の影だったが、やがて長い糸くず状の巨大な影に変化した。再度オリンパスに送付して無償修理してもらったが、レンズを外せばセンサーにアクセスできるミラーレスや一眼レフと違い、個人では何もできないので本当に困る。二週間弱は手元を離れることになる。というか空などが入っていると写真が台無しだ。こうした症状が頻発するようだと困る人も多いだろう。オリンパスの人の話によると、出荷時に既にゴミが混入していて、それがセンサー上にずれてきたのだろうということだったが、今後も別のゴミが落ちてこないか心配だ。高級コンパクトを謳うからには、画質以外にも基本的な品質にも気を配ってほしいところ。素晴らしいカメラなのだから。

閑話休題(ていうかダスト問題も本題だけどw)。このカメラはやはり素晴らしい。

ISO100に限っていえば、E-P3 + 標準ズームの画質を凌駕していると断言しても良い。28-112mm / F1.8-2.5のこのズームレンズは名玉。とてもコンデジとは思えない。望遠も勿論良いし、中望遠領域の描写も余裕があり、広角側でも周辺の流れは目立たない。出力画像のダイナミックレンジも広い。


ISO100 F2.4 1/2000 84mm (35mm換算)  右:等倍での部分切り出し


ISO100 F2.5 1/40 -2EV 34mm (35mm換算)

とはいえノイズにはやはり弱く、画質を優先したい場合、常用感度はISO400くらいと考えたほうが良いかもしれない。昔のリコーのコンデジのようだ。


ISO400 F2.1 1/15 55mm (35mm換算)

下はISO800の例。最近の一眼レフならこれはISO3200とか6400以上の世界だろう。全く使えないわけではないが、こうなるともうXZ-1らしさはない。


ISO800 F2.8 1/30 50mm (35mm換算)  右:等倍での部分切り出し

リコーのGR Digitalほどではないにしろ、小さいし、軽い。一眼レフのサブカメラとして何かミラーレスを、と考えている方は、もし標準ズーム的な画角で用が足りるのであれば、XZ-1を検討しても良いと思う。実際私も一眼レフのサブはXZ-1、ということが多くなってきた。

他にあえて不満点を挙げるすると、動作のもっさり感か。特に電源投入後、ズームできるようになるまでの待ち時間が長く、シャッターチャンスを逃すことが多い。反射的に何かを撮るという用途には全く向いていない。立ち止まり、「この光景を切り取りたい」と欲求し、ゆっくりじっくり構図を考え、露出をセットして、カシャッと一枚。そういう用途に向いている。ジャンプしながら露光間ズーム流しで超高速連写・決定的瞬間を捉える! みたいなカメラでは絶対にないw

オールマイティではないが、強みにおいては負けないぞ、という感じのXZ-1。なかなか愛すべきカメラだ。

価格評価→★★★★☆ 
総合評価→★★★★☆ 

  nekodaisuki  2012-8-31 20:06    nekodaisuki photo gallery Gallery


OLYMPUS XZ-1
購入価格 ¥40,200(2011年5月購入)

>枚数を撮りましたら、後日改めてインプレしたいと思います
といいながら、1年以上が経ってしまった。入れ替わりの激しい自分の機材の中にあって、XZ-1はサバイバルして、まだ自分の手元にある。
この間、自分のメイン機はOLYMPUS E-PL1s→E-PL3→SONY α55→α65と移り変わっていったが、そもそもはXZ-1で写真に目覚めてしまったのが、
きっかけであり、その意味でもこのカメラはすごいと言えるのではないだろうか。

購入当初は、いままで使ってきたコンデジをはるかに凌駕する高画質に感激したものだが、マイクロフォーサーズ、APS-Cと使っていると、
高画質という評価は少なからず修正せざるを得ない。
画質が悪いということでは決してないのだが、今の自分の基準で言うともう少し精細感が欲しい感じだ。


(いつもこれくらい撮れれば文句はない F1.8 1/80s ISO100 35mm換算30㎜)

マイクロフォーサーズやAPS-Cとは明らかに画の質は違うと思う。
前者が重厚感のある油絵としたら、XZ-1は透明感のある水彩画のようだ。
当初は現場の空気感を再現するような透明感のある描写に感激したものだが、今見ると、その描写は少し軽く感じることがある。
また条件によっては、ディテールがベタ塗りっぽくなることがあるのも少し気になる。
たぶん、このカメラが本領を発揮するのは広角側においてであろう。望遠側も十分実用の域ではあるが、広角側でハマったときの描写はこのカメラならではのものがあると思う。


(本領を発揮した空気感のある1枚 F2.2 1/100s ISO100 35mm換算28㎜)

ISOは400までが実用域だと思うが、センサーの大きさを考えれば、そんなところだろう。
発色はやや控えめで自然な印象。実際の色を再現するのは、他の機種を含め、まず無理だと思っているが、いやな色を吐かないのは評価できる。
(ちなみに自分は基本的にJPEG撮って出し)

ボケも当初は普通のコンデジとは違うボケに、やはり高級コンデジは違うと思ったものだが、APS-Cのボケを見慣れると、そのボケは中途半端なものに感じる。
逆に、パンフォーカス的にボケがない方がいいのになと思うこともあり、ボケについての評価は難しい。
でも、花一輪だけを浮き立たせて背景を完全にボカすようなことはできないのは確かである。
ただ、日常的なスナップでは、背景の状況も十分把握できるので、そのような用途には向いているのかも知れない。

反応性は意外によく、晴天の屋外であれば、ジャンプした猫を空中で止めることができる。
PEN LiteのE-PL1sよりははるかに速いし、E-PL3と比べても同等か速いくらいかも知れない。
ただ、オリンパスの常で、AFのエリア指定(XZ-1は11点より選択)は必須である。
また、モニター(3.0型有機EL、 61万画素)は晴天の屋外では視認性が悪くEVFが欲しくなるのも他のオリンパス機同様である。
自分はその後購入したマイクロフォーサーズはAPS-Cへの移行に伴いすべて処分したが、EVFのVF-2だけはXZ-1のために残したほどである。
普段はかさばるので、VF-2を使うことはあまりないが、いざというときには必要と思えるアイテムではある。

操作性は慣れたせいもあるかもしれないが、概ね良好で、これといった不満はない。
その後に入手したSONYのαよりは、はるかに使いやすいと思う。
キヤノンのパクりではあるが、レンズ周りのコントロールリングも使いやすい。
ただ、背面のコントロールダイヤルは小さすぎて実用のレベルではなく、ほとんど使っていない。

アートフィルターもドラマチックトーンとジオラマしか使っていないが、なかなか楽しい。
面白いことだが、XZ-1の方がPENのアートフィルターよりそれらしく撮れるように思われる。
ただ、アートフィルター時のモニターのカクカク(表示遅れ)はなんとかして欲しいところ。
実用性ではペンタックスのようにあとでエフェクトがかけられるようにした方がいいのだろうが、それだとちょっと面白くない気もする。

デジ一がメインになってから、出番が少なくなってしまったが、ちょっと出かけるときは持ち歩くようにしている。
その点では、今も十分信頼に足るカメラと言える。
ただ、最近はその明るいレンズを生かして、夜にヤフオクの出品物を撮るのがメインの使い方になっているのが、ちょっと悲しい。


(色々な意味で2011年の自分のベストショット F2.8 1/320s ISO100 35mm換算46㎜)

価格評価→★★★★☆(現在の3万円を切った価格が妥当かもしれない)
総合評価→★★★★☆(画質の細かい点でもう一歩)


▼ OLYMPUS XZ-1 を探す ▼

amazon.co.jp で検索する

楽天で検索する


▲ページトップへ







新着レビュー
(最近の70件)

Leica M Monochrom  (レンジファインダーカメラ(デジタル))  2016-3-22 0:34  toppopoporo
カメラあるある  (JOKE)  2016-2-23 21:53  toppopoporo
SONY α7  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2015-11-26 13:16  kin
Nikon Ai Nikkor 20mm f3.5  (広角レンズ)  2015-9-14 9:55  salgadou
Nikon ぎょぎょっと魚眼20ミリf8  (魚眼レンズ)  2015-8-15 10:09  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 28mm F3.5  (広角レンズ)  2015-8-15 9:32  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4  (標準レンズ)  2015-7-29 18:15  salgadou
Apple Lightning - USBカメラアダプタ (MD821ZM/A)  (カードリーダー)  2015-6-9 1:32  telgraph
Nikon Ai Nikkor 50mm F1.8S  (標準レンズ)  2015-2-21 20:29  telgraph
SONY 100mm F2.8 Macro SAL100M28  (マクロレンズ)  2015-2-21 18:47  MK2
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM  (ズームレンズ)  2015-2-14 21:52  MK2
雪レフ  (レフ板)  2015-2-11 4:01  mia
東京シャッターガール 桐木憲一(ニチブンコミックス)  (書籍・DVD)  2014-12-19 12:29  mascagni
JetGlide2 Ver.2 速写ストラップ  (ネックストラップ)  2014-11-27 13:54  mctorch
FUJIFILM X-T1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-24 5:57  mk-2
OLYMPUS OM-D E-M5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-22 8:50  salgadou
カメラ貼り替え革専科 Aki-Asahi.com  (貼り皮)  2014-7-8 20:41  mascagni
(株)沼津カラー  (ショップ・メーカー・代理店)  2014-6-20 23:29  toppopoporo
SONY DSC-RX100  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-18 3:08  nekodaisuki
SONY Cyber-shot DSC-WX300  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-16 18:40  nekodaisuki
[被写体] ダチョウ  (名所名物・被写体)  2014-6-2 23:36  ManInside
NOVOFLEX (ノボフレックス) EOS/NIK  (レンズマウントアダプタ)  2014-6-2 2:37  telgraph
Tamron SP AF Di 90mm 1:2.8 macro  (マクロレンズ)  2014-5-8 11:41  kin
OLYMPUS STYLUS 1  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-4-27 20:09  mascagni
SONY Vario-Tessar 24-70ミリf4  (ズームレンズ)  2014-4-23 21:43  salgadou
無印 タムロン アダプトール2 アダプター  (レンズマウントアダプタ)  2014-4-10 21:43  nekodaisuki
Canon EF70-200mm F2.8 L IS II USM  (ズームレンズ)  2014-3-12 23:45  mia
よしみカメラ 忍者レフ  (レフ板)  2014-3-6 22:13  mia
OLYMPUS OM-D E-M1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-2-15 14:05  mascagni
CANON PowerShot S200  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-2-11 16:55  salgadou
SONY DSC-RX100M2  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-1-1 9:55  mascagni
SONY FDA-EV1MK  (ビューファインダー)  2014-1-1 9:42  mascagni
Nikkor Ai 50mm f2  (標準レンズ)  2013-12-31 10:57  salgadou
Voigtländer COLOR-SKOPAR X 50mm f2.8  (標準レンズ)  2013-12-29 12:01  negapoji
[2013-12-19] CRJ 第4回ベスト・レビュワー賞発表!  (イベント)  2013-12-19 23:21  admin
Adobe Photoshop Lightroom 5  (RAW現像・画像加工ソフトウェア)  2013-12-17 4:33  kin
[2013-12-09] CRJ 第8回フォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-12-9 16:58  admin
Sony E 10-18mm F4 OSS SEL1018  (ズームレンズ)  2013-11-14 18:04  kin
FUJINON LENS XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS  (ズームレンズ)  2013-11-11 18:30  ManInside
SONY HVL-F58AM  (フラッシュ)  2013-10-29 15:36  kin
OLYMPUS PEN E-P5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-10-28 23:00  toppopoporo
[名物] 純手打ちそば 一茶宮代  (名所名物・被写体)  2013-10-20 20:52  ManInside
岩合光昭 ネコライオン  (写真集)  2013-10-2 15:56  ManInside
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  (望遠レンズ)  2013-9-25 11:19  salgadou
FUJIFILM X-E1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-21 20:13  ManInside
[被写体] オオアリクイ  (名所名物・被写体)  2013-9-19 15:00  ManInside
アンドレアス・グルスキー展  (写真展)  2013-9-16 21:07  ume3126
SIGMA 60mm F2.8 DN  (望遠レンズ)  2013-9-15 10:21  salgadou
SIGMA 30mm F2.8 EX DN  (標準レンズ)  2013-9-14 0:15  salgadou
FUJINON LENS XF35mmF1.4 R  (標準レンズ)  2013-9-7 22:04  ManInside
Nikon D600  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-7 11:45  toppopoporo
オルビィス(株) コルキット スピカ  (天体望遠鏡)  2013-9-3 0:59  nekodaisuki
Fujifilm F820 EXR  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-30 2:35  lin_gon
Timing Remote Switch TC-2001  (レリーズ)  2013-8-26 22:08  nekodaisuki
Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4  (標準レンズ)  2013-8-25 23:42  lin_gon
[お知らせ] CRJフォトコンテストを開催します  (お知らせ)  2013-8-24 22:57  admin
LAWSON 写真プリントサービス  (その他)  2013-8-16 17:32  nekodaisuki
Steinheil Munchen Cassarit,QUINON&STAEBEL-LINEOGON  (標準レンズ)  2013-8-15 15:39  negapoji
Panasonic LUMIX DMC-LF1  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-15 10:08  mascagni
[2013-08-04] CRJ 第7回ナンチャッテフォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-8-4 22:38  admin
SMC PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited  (広角レンズ)  2013-8-4 21:24  ManInside
SIGMA 19mm F2.8 DN  (広角レンズ)  2013-8-3 23:26  ManInside
TAMRON SP AF200-500mmF/5-6.3 Di LD [IF]  (ズームレンズ)  2013-7-31 22:33  nekodaisuki
OLYMPUS STYLUS XZ-10  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-31 16:25  lin_gon
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO (A001)  (ズームレンズ)  2013-7-31 3:04  nekodaisuki
SIGMA DP3 Merrill  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-29 22:11  ManInside
[お知らせ] 機材レビュー用テンプレートを作成しました  (お知らせ)  2013-7-29 16:03  admin
[お知らせ] フォトギャラリーの名称と利用方法を変更しました  (お知らせ)  2013-7-29 15:31  admin
Canon EOS 60D  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-7-28 21:47  iqura
TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1  (マクロレンズ)  2013-7-28 3:12  nekodaisuki

© 2013 Camera Review Japan
All right reserved. Posts and photos are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.