About  |  Guide  |  Privacy  |    |  Blog  |  あなたのカメラ見せてください!  |  ギャラリーCRJ  |  レビュワー登録  |  My Shutrer Therapy
ID  PW   記憶


Follow Us on Facebook Follow Us on Twitter






Snow halation   (by mia)
hydrangea   (by toppopoporo)
繋がり   (by toppopoporo)
Gordes, Les Plus Beaux Villages   (by kin)
紅葉巡り   (by nekodaisuki)
ざる菊   (by iqura)
冬の予感   (by ManInside)
11月の羽田   (by mia)
希望と絶望   (by nekodaisuki)
幸せの構図   (by mascagni)
紅葉のマーブル   (by nekodaisuki)
浮遊   (by mascagni)
…ん?   (by kin)
美しき放出   (by nekodaisuki)
その瞳は一体何を写し出すのか   (by toppopoporo)





  kin  2012-8-11 15:21    kin photo gallery Gallery


SONY α77 SLT-A77VQ
購入価格 ¥124,800- @フジヤカメラ



SONYが半透過ミラーに移行してから初のAPS-C中級機、という位置付けで発売されたα77。
実は発売直後から、購入を検討していたカメラである。

僕にとっては、以前から使用しているα55の特徴のひとつ、EVFの『利点』が自分の撮影シチュエーションに見事に合致していた。
ライブハウスでの撮影を行う場合、ホワイトバランスを固定してマニュアル露光orシャッタースピード優先モードで撮影するのだが、EVFの場合は撮影後の予想がそのまんまファインダーで確認できるので、色味・実際の露光具合等がファインダー内でリアルタイム確認できるのがものすごく有難いのである。

しかしα55に不満を感じる点も多数あった。
ファインダーの表示が遅い、シャッターのタイムラグが大きい、ファインダーの解像度・コントラストがイマイチなどである。
α55からα77に変えようか、もしくは従来のミラー機からα77へ…と検討しているユーザーも多いかと思うので、現在も使用しているα55との比較を交えながらレビューしたいと思う。


上がα55 + SAL1650(α77付属キットレンズ) 下がα77 + TAMRON A001S

とりあえず先に言っておくと、買ってよかった。α77。


【持ってみて】
デカい。重い。
…というか、普通だ。α55が小さすぎ・軽すぎるんだ。どちらかというとα550に近い。
しかし持ちやすさでいうと、僕の手にはα55がちょうどよい。
右手の指をかける部分の太さが相当異なるので、持ち替えの際にかなりの違和感がある。

そこで試しにハンドストラップを付けて持ってみると、持ちやすさが格段にアップ。α77ではハンドストラップを使って、キッチリとホールドしてあげた方がいいのかもしれない。

実際のところ僕はα77+TAMRON A001の組み合わせが多いので、重さとかはもうどうでもいい領域である。


【操作感】
配置は良い。α55とは相当異なるが、すぐ慣れる。
よくSONYは「操作性がねぇ…」と言われるが、恐らく他社と比べて、操作系のデザインがちと変わってるのではなかろうか。
他社のカメラを使ったことはあまりないのだが、僕の場合、Nikonは全く操作できなかった。
まぁ、何だって慣れればどうとでもなるんだろう。

ボタン類は設定メニューボタン(背面左肩)・プレビューボタン(レンズマウント右下)以外は全て右手親指・人差し指に届く範囲に置かれている。
そして前後に位置する2つのダイヤル。非常にやりやすい。
Mモードならダイレクトにシャッタースピードと絞りを変えられる(α55は露光補正ボタンと同時押しで絞り変更、何も押さない状態でシャッタースピード変更)。
僕の場合はS・Aモードの際は背面ダイヤルで露光補正をダイレクトで変更できるように設定してある。

が。
操作系の反応が悪い。というか、操作自体には反応しているのだが、液晶・EVFの表示に反映される時間が遅い。
せっかくのダイヤルという、スピードを生かせる操作系を搭載しているにもかかわらず、本当に設定が反映されたのか、すぐには分からないのである。

例えば露光補正。ダイヤル1ノッチで0.33EV変わるように設定している。
3ノッチ回せば1EV変わるので、カチカチカチと回してやる。
しかしEVFの表示は0.5秒程度遅れて動き始める。これがかなりのイライラ源である。
話しかけても反応の悪い人と仕事をしているような気分である。
分かってんだか分かってないんだか、みたいな。

ファームウェアのアップデートで改善が試み続けられている(現時点で1.05)のだが、α55では考えられないほどにダラダラとした表示は、結構許しがたい。

AF/MF切り替えスイッチはロータリー式。
マニュアル・コンティニュアス・オート・シングルの4つをロータリースイッチで切替可。これ便利。
オートは設定によってはDMFに変更可能。フォーカス合焦後、モーターのクラッチが切れることでマニュアルフォーカシングができる。
望遠ズーム・A001でこれができるのは、こりゃもうスゲェ便利。


【表示系】
これはもう劇的である。感動ものである。画でお伝えできないのが悔しい。

EVFが有機ELに変更されたことで、黒の発色が素晴らしい。
ライブハウスの場合は背景が暗黒な場合が多々あるし、陰影がかなりクッキリした画が多いので、黒が綺麗に表示されるだけでテンションが上がる。気持ちの問題は重要である。
そしてα55ではイマイチ掴みづらかったピントの山も分かりやすい。合焦部分を表示してくれるピーキング機能も有。
表示レイテンシ―もかなり短くなった。明らかにワンテンポ遅れていたα55よりも確実に速い。
しかし未だ残っているものの、これなら十分ガマンできる。

α55からずっとある電子水準器やグリッド表示なども変わらず装備。その他情報表示も好みのデザインに切替できる。

背面液晶も若干良くなった気がするが、EVFほどの劇的な変化はナシ。
3軸チルト液晶の多関節っぷりには未だ翻弄される。動画撮影時には有効…なのかも。

右肩部にはステータスを表示する液晶が搭載される。補助ライトも点灯可能。
僕はいままでココを見る習慣がなかったので、イマイチ生かし切れてないんだが…


【画】
全体的に好印象である。


SONY α77 + TAMRON A001 カメラによるJPEG保存
70mm F/2.8 1/160s ISO-3200 トリミング



SONY α77 + TAMRON A001 カメラによるJPEG保存
70mm F/2.8 1/200s ISO-3200


様々なサイトで槍玉に上がる高感度特性の悪さは、ライブ撮影においてはあまり気にならない。
というか僕自身が、高感度ノイズに対して耐性ができてしまったのかも。感想はあまりアテにならないので、皆様にオマカセします。



SONY α77 + TAMRON A001 カメラによるJPEG保存
120mm F/4 1/250s ISO-1600


こういう画を撮るときに有機ELのEVFが威力を発揮する。
影が明確であり、設定を状況に応じて変更する時にファインダーで画を確認しながら顔を離さずバンバン変更すればよいのだから、ラクチンなことこの上なし。


SONY α77 + TAMRON A001 カメラによるJPEG保存
200mm F/4 1/320s ISO-800


ISO-800。かなりのカッチリ感である。


SONY α77 + SONY SAL1650 PS CS5で現像
50mm F/2.8 1/500s ISO-100


屋外におけるISO-100。
2400万画素を生かしきるために設計されたとのウワサのキットレンズ。
高精細さを感じる。


【今現在の印象】
バッテリーの持ちは悪くない。α55やNEX-5などで採用されているコンパクトなバッテリーを採用せず、α550で使われていた大きなバッテリーに変更された。約4時間、2700枚程度の撮影後でバッテリー残量は40%程度である。

AF合焦は絶妙である。
センサーを大量に積み、半透過ミラーで常時AFが動作。
顔認識もα55のときはちっとも役に立たなかったが、こいつは使える。ライブ時にマイクに合焦して残念、なんてことが格段に減った。

シャッターの反応速度は格段に上がった。
電子先幕シャッターを選択することもでき、よりダイレクトな反応で撮影できる。
先幕のシャッター音がしないので、ちょっとびっくりするのだけど。

問題はバッファメモリ。
秒間12枚連写なんぞを謳ってるクセに、すぐにフルバッファになり撮影不可になる。
DRAM等、メモリ単価が下がってるんだからケチらずに大きなバッファを用意して頂きたい。

画素数が多いので、メディアは大容量のものに取り換えた方が良いと思う。16MP機と同じ感覚で撮ってると、あっという間に一杯になる。

あとはレスポンスが改善されれば…と思うのだが、ファーム改善で大した改善が望める気もしないので、既に諦めムード。慣れるしかないだろう。


α77を手にしてみて、SONYが半透過ミラー機のみしかリリースしなくなった理由が分かった気がする。
そうかSONY、そういう方向に行きたいのだな、というのが伝わってくる。
EVFのメリット、位相差AFのメリットを生かしつつ、新しい領域に踏み出したα55。
その弱点を確実に潰しにかかったα77。

満足度は高い。しかしまだまだ、進化してくれそうな期待もある。
こうして僕はSONYから離れることができなくなっていくのである…

価格評価→★★★★☆(←随分と手の届く辺りまで落ちてきた。)
総合評価→★★★★☆(←今後SONYが操作レスポンスをどう攻めるのかが課題では)
<オプション>
年   式→2011


SONY α77 + TAMRON A001 カメラによるJPEG保存
200mm F/4 1/400s ISO-2000


アーティスト・Nora

http://norariutai.syncl.jp/
  kin  2013-1-18 23:49    kin photo gallery Gallery


SONY α77 SLT-A77VQ
購入価格 ¥124,800- @フジヤカメラ

購入して半年。10,000ショット程度。
このあたりで追加レビューを。

【現状の使用用途】
専らライブ撮影と仕事用動画撮影、アーティスト写真専用カメラと化している。
理由は2つ。

1つ目は『なんとなく、本気になってしまう』。
NEX-5N + 単焦点の方が、気持ち的に気軽なのである。
「写真を撮る旅行」にならコイツを持って行ってもいいかな、とも思うのだが、残念ながらここの所旅行に行けない。行ける気配がない。無念。

2つ目は『iTunes』。
iTunesのジャケット入稿データの推奨解像度が『2400x2400px以上』なのだ。
ジャケットはスクエアフォーマットのためトリミング前提の画作りとなるので、6000x4000pxで撮影できるα77は好都合なのだ。

縮小版ではあるが。
下の画像は何れもα77 + Minolta AF24mm。

元画

Photoshop CS5.1で現像。

ジャケット

Illustrator CS5.1で編集、JPEG化。CMYK出力(印刷所には.aiで納品)。


【トラブル】
α55程ではないが、トラブルに見舞われたことがある。
というより、必ず何かが起こる。

・操作スティックが上に入力されたままになる
何も触らなくても、メニューやカーソルや再生画像が上へ上へ高速スクロール。
操作スティックは例えるならプレステのデュアルショックにあるジョイスティックが小さくなったみたいなやつが付いているのだが、中心にスティックがあってもなぜか上へ上へ行ってしまうことが「けっこう」ある。
電源On時に上方向へ入れたままになってキャリブレーションがオカシイ、というわけでもなく、On->Off->Onして直ることもあれば、全くダメなことも。
メニューを開いたり再生しないと判明しないので、気付かず撮影していることもあるだろう。
集中しているときにコレは、非常にイライラする。

・撮影不可状態、フリーズ
TLM機は熱問題が取り沙汰される。
この熱問題なのかはわからないが、連続で相当枚数を撮影していると撮影不可状態に陥ることがある。
これはライブ撮影していると必ず一度は発生する。

初期段階としては、AF合焦しなくなる。見た目は合焦しているように見えるのだが、カメラ側は未合焦を表す緑丸の点滅表示がされる。MFに切り替えるとシャッターは下りる。
これが進行するとMFでもシャッターが下りなくなる。
そして操作を一切受け付けなくなる。ライブビューやEVFは動いているのだが、何を押しても無視される。切ないったらない。

・メモリーカードエラー
フリーズ後再起動すると、「メモリーカードエラー」と表示されたことが1回だけある(よりによってかなり大きなライブハウスでかなり重要な画を押さえなきゃいけない場面で)。
NEX-5Nでもエラーを起こしたことがあるのだが、NEXと違いα77は「エラーを復旧しますか?(直前に保存されたデータは消去される可能性があります)」と聞いてくる。
はいを選ぶと「エラー復旧しています。電源を切らずにしばらくそのままお待ちください」と表示され、2分程度待たされる。
結果としてはエラーは復旧され、何事もなく撮影でき、撮影データは全て無事だった。
フリーズ後現れた現象のため、メモリーカード(SanDisk 64GB SDXC)よりも本体によるトラブルのような気がする。

復旧中、頭が真っ白になったのは言うまでもない。
取り損ねた画も多かった。無念。


機材にトラブルは付き物である。「通常使用」よりハードな使用(30分で600枚とか、2時間で1,400枚とか)をしていることも認める。
しかし、ちと多くないか?
中級機という位置付けであることは分かる。
しかしAPS-Cの最高峰である。
F2.8通しで大きく狙いたい僕としては、フルサイズよりもAPS-Cの方が実用的で魅力を感じているのである。
エントリーモデルであるα55ほどではないにせよ、こうもトラブルが続くと思ってしまうことがある。

マウント、CanonかNikonに変えてしまおうか、と。


個人的には、画は好きなのだ。


Sony α77 + TAMRON A001


Sony α77 + Sony SAL1650

だからこそ、残念なのである。
変な気を遣いたくないのである。
ハードに使いたいのである。

信頼性も立派な性能のひとつではないのか。
本気で使い倒せる耐久性が欲しいのだが。

やはりメーカー乗り換えしかない、のか?


価格評価→★★★★☆(←この位置付けをAPS-C最高峰と見るかただの中級機として見るかで変わってくる)
総合評価→★★★☆☆(←APS-C最高峰として見ると、信頼性が物足りない。Sonyよ、こういうハードな使い方をしてはいけないのか?)
<オプション>
年   式→2011


▼ SONY α77 SLT-A77VQ を探す ▼

amazon.co.jp で検索する

楽天で検索する


▲ページトップへ







新着レビュー
(最近の70件)

Leica M Monochrom  (レンジファインダーカメラ(デジタル))  2016-3-22 0:34  toppopoporo
カメラあるある  (JOKE)  2016-2-23 21:53  toppopoporo
SONY α7  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2015-11-26 13:16  kin
Nikon Ai Nikkor 20mm f3.5  (広角レンズ)  2015-9-14 9:55  salgadou
Nikon ぎょぎょっと魚眼20ミリf8  (魚眼レンズ)  2015-8-15 10:09  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 28mm F3.5  (広角レンズ)  2015-8-15 9:32  salgadou
OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4  (標準レンズ)  2015-7-29 18:15  salgadou
Apple Lightning - USBカメラアダプタ (MD821ZM/A)  (カードリーダー)  2015-6-9 1:32  telgraph
Nikon Ai Nikkor 50mm F1.8S  (標準レンズ)  2015-2-21 20:29  telgraph
SONY 100mm F2.8 Macro SAL100M28  (マクロレンズ)  2015-2-21 18:47  MK2
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM  (ズームレンズ)  2015-2-14 21:52  MK2
雪レフ  (レフ板)  2015-2-11 4:01  mia
東京シャッターガール 桐木憲一(ニチブンコミックス)  (書籍・DVD)  2014-12-19 12:29  mascagni
JetGlide2 Ver.2 速写ストラップ  (ネックストラップ)  2014-11-27 13:54  mctorch
FUJIFILM X-T1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-24 5:57  mk-2
OLYMPUS OM-D E-M5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-10-22 8:50  salgadou
カメラ貼り替え革専科 Aki-Asahi.com  (貼り皮)  2014-7-8 20:41  mascagni
(株)沼津カラー  (ショップ・メーカー・代理店)  2014-6-20 23:29  toppopoporo
SONY DSC-RX100  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-18 3:08  nekodaisuki
SONY Cyber-shot DSC-WX300  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-6-16 18:40  nekodaisuki
[被写体] ダチョウ  (名所名物・被写体)  2014-6-2 23:36  ManInside
NOVOFLEX (ノボフレックス) EOS/NIK  (レンズマウントアダプタ)  2014-6-2 2:37  telgraph
Tamron SP AF Di 90mm 1:2.8 macro  (マクロレンズ)  2014-5-8 11:41  kin
OLYMPUS STYLUS 1  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-4-27 20:09  mascagni
SONY Vario-Tessar 24-70ミリf4  (ズームレンズ)  2014-4-23 21:43  salgadou
無印 タムロン アダプトール2 アダプター  (レンズマウントアダプタ)  2014-4-10 21:43  nekodaisuki
Canon EF70-200mm F2.8 L IS II USM  (ズームレンズ)  2014-3-12 23:45  mia
よしみカメラ 忍者レフ  (レフ板)  2014-3-6 22:13  mia
OLYMPUS OM-D E-M1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2014-2-15 14:05  mascagni
CANON PowerShot S200  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-2-11 16:55  salgadou
SONY DSC-RX100M2  (コンパクトデジタルカメラ)  2014-1-1 9:55  mascagni
SONY FDA-EV1MK  (ビューファインダー)  2014-1-1 9:42  mascagni
Nikkor Ai 50mm f2  (標準レンズ)  2013-12-31 10:57  salgadou
Voigtländer COLOR-SKOPAR X 50mm f2.8  (標準レンズ)  2013-12-29 12:01  negapoji
[2013-12-19] CRJ 第4回ベスト・レビュワー賞発表!  (イベント)  2013-12-19 23:21  admin
Adobe Photoshop Lightroom 5  (RAW現像・画像加工ソフトウェア)  2013-12-17 4:33  kin
[2013-12-09] CRJ 第8回フォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-12-9 16:58  admin
Sony E 10-18mm F4 OSS SEL1018  (ズームレンズ)  2013-11-14 18:04  kin
FUJINON LENS XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS  (ズームレンズ)  2013-11-11 18:30  ManInside
SONY HVL-F58AM  (フラッシュ)  2013-10-29 15:36  kin
OLYMPUS PEN E-P5  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-10-28 23:00  toppopoporo
[名物] 純手打ちそば 一茶宮代  (名所名物・被写体)  2013-10-20 20:52  ManInside
岩合光昭 ネコライオン  (写真集)  2013-10-2 15:56  ManInside
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  (望遠レンズ)  2013-9-25 11:19  salgadou
FUJIFILM X-E1  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-21 20:13  ManInside
[被写体] オオアリクイ  (名所名物・被写体)  2013-9-19 15:00  ManInside
アンドレアス・グルスキー展  (写真展)  2013-9-16 21:07  ume3126
SIGMA 60mm F2.8 DN  (望遠レンズ)  2013-9-15 10:21  salgadou
SIGMA 30mm F2.8 EX DN  (標準レンズ)  2013-9-14 0:15  salgadou
FUJINON LENS XF35mmF1.4 R  (標準レンズ)  2013-9-7 22:04  ManInside
Nikon D600  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-9-7 11:45  toppopoporo
オルビィス(株) コルキット スピカ  (天体望遠鏡)  2013-9-3 0:59  nekodaisuki
Fujifilm F820 EXR  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-30 2:35  lin_gon
Timing Remote Switch TC-2001  (レリーズ)  2013-8-26 22:08  nekodaisuki
Voigtländer Nokton Classic 40mm F1.4  (標準レンズ)  2013-8-25 23:42  lin_gon
[お知らせ] CRJフォトコンテストを開催します  (お知らせ)  2013-8-24 22:57  admin
LAWSON 写真プリントサービス  (その他)  2013-8-16 17:32  nekodaisuki
Steinheil Munchen Cassarit,QUINON&STAEBEL-LINEOGON  (標準レンズ)  2013-8-15 15:39  negapoji
Panasonic LUMIX DMC-LF1  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-8-15 10:08  mascagni
[2013-08-04] CRJ 第7回ナンチャッテフォトコンテスト結果発表!  (イベント)  2013-8-4 22:38  admin
SMC PENTAX-DA 15mm F4 ED AL Limited  (広角レンズ)  2013-8-4 21:24  ManInside
SIGMA 19mm F2.8 DN  (広角レンズ)  2013-8-3 23:26  ManInside
TAMRON SP AF200-500mmF/5-6.3 Di LD [IF]  (ズームレンズ)  2013-7-31 22:33  nekodaisuki
OLYMPUS STYLUS XZ-10  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-31 16:25  lin_gon
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO (A001)  (ズームレンズ)  2013-7-31 3:04  nekodaisuki
SIGMA DP3 Merrill  (コンパクトデジタルカメラ)  2013-7-29 22:11  ManInside
[お知らせ] 機材レビュー用テンプレートを作成しました  (お知らせ)  2013-7-29 16:03  admin
[お知らせ] フォトギャラリーの名称と利用方法を変更しました  (お知らせ)  2013-7-29 15:31  admin
Canon EOS 60D  (デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラ)  2013-7-28 21:47  iqura
TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1  (マクロレンズ)  2013-7-28 3:12  nekodaisuki

© 2013 Camera Review Japan
All right reserved. Posts and photos are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.